周術期支援センター 病院部門紹介

周術期支援センターでは、患者さんが安心して安全に手術を受けることができるように、周術期支援センター医療スタッフ(麻酔科医、看護師、歯科医、歯科衛生士、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、事務等多職種)が手術を担当する各科医師と連携し、入院前から患者支援を行っています。

[診療方針]
手術医療の高度化に加え、手術を受ける患者の高齢化が進む中、安心かつ安全な周術期医療に対する期待は高まっています。周術期支援センターでは、入院前の早い段階で、患者さんの病態だけでなく、手術に関連する問題点を多職種で把握し、可能であればあらかじめ解決しておくことで、患者さんがより良い状態で手術に臨めるように診療を行います。これにより術後合併症を減らし、術後の回復を早め、より短い入院期間で社会復帰することが可能となります。その結果、手術がますます増加する中で病棟の効率的な運用にも貢献します。

[診療体制]
麻酔科医、看護師、薬剤師、歯科医、歯科衛生士、理学療法士、管理栄養士など、多職種のチーム医療体制で周術期支援を行います。

[診療内容]
■ 問診とオリエンテーション:専任看護師が手術を受ける患者さんの全身状態や入院前生活を把握し、入院オリ
    エンテーション・手術オリエンテーションを行うとともに、患者さんの手術前の不安の軽減に努めます。
■ 術前診察と麻酔説明:麻酔科医が診察を行い、治療が必要な内科的疾患の有無を把握、周術期の治療計画を検
    討します。また、それぞれの患者さんの状況に合わせた麻酔の説明を行います。
■ 服用薬のチェック:薬剤師が服用薬のチェックを行い、周術期に注意すべき薬剤に関して情報提供を行いま
    す。
■ 口腔ケア:周術期口腔ケアセンターと連携して手術前、手術後の専門的な口腔ケアを行い、周術期感染症の減
    少に努めます。全身麻酔の気管挿管時に、歯が折れたり傷ついたりしないように、マウスプロテクタの作製や
    歯の固定を行います。
■ 栄養に関する問診:栄養管理士が、良好な栄養状態で手術を受けられるように支援します。

[対象患者]
麻酔科医による周術期管理を必要とする16歳以上の患者。