睡眠時無呼吸センター 病院部門紹介

睡眠時無呼吸症候群とは、夜間に呼吸が停止したり減弱する結果、昼間に眠くなり仕事や勉学の効率が低下したり、事故が増え、重症になると循環器疾患など多くの内科的疾患の原因にもなります。当センターでは、睡眠時無呼吸症候群の患者さんを、多くの診療科と協力して、最善の治療の提供を目指しています。

[得意分野]
おもに睡眠時無呼吸症候群(SAS)を診療しますが、眠気が主訴である過眠症や睡眠中の行動異常なども診断・治療しています。また、心不全などに関連して生じる肺うっ血や、睡眠呼吸障害の陽圧呼吸による治療も行っています。

[診療体制]
専従医師1名、非常勤医師2名、歯科医師1名(睡眠学会認定医師1名、睡眠学会認定歯科医1名、循環器専門医1名、呼吸器内科専門医1名)のほか、院内の呼吸器科、口腔総合診療科、耳鼻咽喉・頭頸部外科、循環器内科、神経内科、心療内科、精神科神経科、放射線科、総合診療科など関連する多くの診療科とともに、診療を行っています。睡眠検査は専門資格をもつ技師を中心に終夜監視下に行っています。

[診療方針]
睡眠時無呼吸症候群が疑われる患者さんの初診では、自宅で可能な簡易な検査を行った後、必要な方に1泊入院検査を行います。その結果を患者さんと十分話し合った上で、症状と長期予後の改善を踏まえた治療を行うことを基本方針としています。治療方針は、関連診療科の専門家を交えたカンファレンスなどで選択しています。当センターでは主にCPAP(マスク治療)をはじめとした持続陽圧呼吸治療やマウスピース療法の維持や最適化を行います。

[対象疾患]
睡眠呼吸障害全般。内科的異常・顎顔面気道形態異常(声帯麻痺ほか含む)また、ムズムズ足症候群・過眠症などによる睡眠障害の一部。

[主な検査]
パルスオキシメーター(酸素飽和度評価)、簡易ポリソムノグラフィ(PSG)、監視下終夜睡眠PSG。合併疾患に応じ眠気の検査(MSLT)。

[主な治療法]
持続陽圧呼吸療法(Continuous Positive Airway Pressure:CPAP:マスク治療)、人工呼吸器治療、マウスピースなどの口腔内装置治療、外科的口腔口蓋弓形成術(UPPP):耳鼻咽喉・頭頸部外科紹介

[学会施設認定]
日本睡眠学会 認定施設(B 型)