脳卒中センター 病院部門紹介

腎・高血圧・脳血管内科、脳神経内科、脳神経外科、救命救急センターなどが協力して脳卒中の専門診療を行っています。通常の脳卒中だけでなく、治療困難な脳卒中症例を各地から受け入れ、福岡県だけでなく九州・山口の拠点病院としての役割を果たしています。

[得意分野]
脳梗塞に対する血栓溶解療法や血栓回収療法、また脳出血やくも膜下出血に対する手術治療など、さまざまな脳卒中疾患に対する急性期治療を行っています。また、大学病院の充実した設備・人員を活かし、巨大動脈瘤や複雑な脳血管奇形、また多疾患合併症例などの治療難易度の高い脳卒中に対しても近隣の病院から患者さんを多数受け入れ、最新の治療を行っています。

[診療体制]
救命救急センター、内科、外科、放射線科などそれぞれの分野の専門家が協力して、脳卒中疾患の迅速な診断・治療を行っています。カテーテル検査室や手術室も24時間365日対応しています。多数の脳卒中専門医が在籍し、さらに複数の脳卒中の外科認定・指導医、脳神経血管内治療専門医・指導医が最先端の治療を行います。

[診療方針]
複数の分野の専門家が集まって必要な検査を迅速に行い、患者さんの状態を正確に診断して、適切かつ安全な治療方法を選択して迅速に治療しています。

[対象疾患]
脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳卒中疾患。また通常の治療が困難な巨大脳動脈瘤や血管奇形、そして頸動脈狭窄症、頭蓋内動脈狭窄症など。

[主な検査]
CT(コンピューター断層撮影検査)、MR(I 磁気共鳴画像検査)、超音波検査、カテーテル検査、SPECT(脳血流検査)、脳波検査など。

[主な治療]
■ 血栓溶解療法、急性期抗血栓療法、抗脳浮腫療法、また呼吸循環動態や栄養などの全身管理など。
■ カテーテル治療(脳梗塞に対する血栓回収療法、血管狭窄病変に対する血管形成術・ステント留置術、くも膜
    下出血に対する動脈瘤塞栓術、血管奇形に対する塞栓術など)
■ 手術治療(脳動脈瘤に対する開頭クリッピング術、高流量・低流量バイパス併用手術、脳出血に対する開頭・
    内視鏡血腫除去術、頸動脈内膜剥離術など)
■ 脳卒中急性期リハビリテーション
■ 併存疾患の管理、再発予防(抗血栓薬、全身リスク管理、手術治療など)

[学会施設認定]
日本脳卒中学会認定研修教育病院、脳神経外科専門研修プログラム基幹施設、日本脳神経血管内治療学会研修施設