医療器材サプライセンター 病院部門紹介

医療器材サプライセンターは、各部署での一次洗浄を廃止し、洗浄・組み立て・包装・滅菌を一元的に行っています。

[運営方針]
安心して使用できる安全な医療器材を、安定して医療現場へ提供するために、つねに洗浄・滅菌の質保証の向上を目指します。

[業務内容]
外来・病棟・手術部で使用した医療器材を回収し、洗浄・組み立て・包装・滅菌・保管・供給する業務を行います。回収した器材は洗浄装置(12台)、ダヴィンチ専用洗浄装置(1台)、搬送用カートはカート洗浄機(2台)で洗浄します。滅菌は、高圧蒸気滅菌装置(8台)・酸化エチレンガス滅菌装置(2台、エアレータ2台)・過酸化水素低温ガスプラズマ滅菌装置(3台)を用いて、器材に適した滅菌を行います。滅菌の確認は、滅菌工程を監視する物理学的方法、カードや滅菌バッグの色変化をみる化学的方法、枯草菌の死滅をみる生物学的方法の3つの方法を行い、すべてで問題がないことを確認した上で、供給しています。2012年度より滅菌バリデーションを行い、滅菌のシステムやプロセスが目的に沿って機能しているかを検証して滅菌の質の保証をしています。

[特色]
自動洗浄システム、自動滅菌搬送システム、手術器材自動保管・搬送システムにより、九州大学病院唯一の自動化された滅菌部門として稼動しています。