看護部 病院部門紹介

看護部は高度かつ先駆的な医療を担う医療チームの一員として、看護の専門性を発揮し、患者・家族や多職種からなる医療チーム、そして地域から信頼されるより質の高い看護の提供を目指しています。

[運営体制]
総務、業務、教育、質・経営、医療安全を担当する5名の副看護部長、41名の看護師長、97名の副看護師長およびスタッフ、看護助手の計1,200余名の看護職員を擁し、35の病棟をはじめ手術部、外来、検査部門、ARO次世代医療センターなど、合計42の看護単位を数える部署で看護を行っています。多部門と連携を図り質の高い医療・看護が提供できるように努力を重ねています。

[運営方針]
看護部の理念と基本方針
私たちは、人間性を尊重し、患者さんに信頼される質の高い看護を提供します。
 1.患者さんに満足される安全で安心な看護を提供します。
 2. 豊かな人間性と高度な専門的知識・技術をもち、適確に判断し実践できる看護職員を育成します。
 3. 大学病院の使命を認識し、専門職として自己研鑚に努めます。
 4. 多部門と協働し、患者さんを中心とするチーム医療を推進します。
 5. 大学病院の看護職員として、看護・教育・研究を通し地域に貢献します。
 6. 組織の一員として、積極的に病院経営に参画します。
2019年度看護部は、①安全で質の高い看護の提供②人材育成と自己啓発・研鑚の推進③看護の可視化、質評価の推進④働き方改革を意識した業務改善と活気ある職場、元気の出る職場づくり⑤病院経営への積極的な参画⑥看護キャリアセンター活動の推進⑦接遇の向上を目標として掲げ、やりがいをもって看護ができるよう日々努めています。

[特色]
1. 2008年から助産師外来、ストーマ看護外来、糖尿病フットケア外来、リンパ浮腫外来、腹膜透析外来、造血
    細胞移植後患者フォローアップ外来、糖尿病透析予
防指導外来、がん看護外来の8つの看護専門外来を順次開
    設しています。外来で
の医療ニーズの高い患者さんに専門性を活かした高度な看護を提供しています。
2. 看護方式は安全と質の高い看護の提供と人材育成を目的としてパートナーシップナーシング・システ(PNS)
    を導入し看護を実践しています。
この方式は、安全・安心な看護業務ができる体制や経験の浅い看護師の学び
    の場の構築に、効果を得ています。

3. 看護キャリアセンターと連携し、院内・外を含めた地域全体の看護の質向上に貢献することを目的に活動して
    います。

4. 専門看護師6名、認定看護師30名、院内認定看護師151名を擁し、多部門と連携した院内での組織横断的な活
    動や看護の専門性を発揮した質
の高い医療・看護の提供に取り組んでいます。

[教育]
看護部キャリアパスに基づき、九大版クリニカルラダーを基盤にした11分野64コースの看護職員教育プログラムを実施しています。また、新人看護職員にはプリセプターシップを取り入れ、育成を重点的に行っています。e-ラーニング、キャリアナビゲーションシステムなどを活用し、自らが学ぶ環境を整え、自立を支援しています。教育プログラムの開発や教育体制を整備し、その一部を公開するとともに地域医療を支える看護職の教育・研修に携わっています。