国際診療支援センター 病院部門紹介


   ①海外の外国人②海外の日本人③国内の外国人、と定義する「国際患者」に対して、日本の先進的医療を
   適正かつ迅速に提供し、アジアにおける先進的医療拠点として、国際貢献を果たします。

 
[組織体制]
センター長(兼任)のもとに副センター長(兼任)、臨床助教1名(専任)、通訳2名(英語1名、中国語1名)(専任)、事務2名(兼任)を配置しています。

[業務内容]
■国際患者の受け入れのための連絡および調整
■国立大学病院国際医療連携ネットワーク事務局活動
■福岡県・市などの医療国際化活動との協働
■厚生労働省「外国人患者受入れ環境整備事業の医療通訳拠点病院」活動
■一般財団法人日本医療教育財団「外国人患者受入れ医療機関認証病院(JMIP)」活動
具体的な業務
  ・窓口ホームページからの国際患者受け入れ相談
  ・国際患者の受け入れ前評価
  ・国際患者の受け入れ先医療施設検討
  ・受け入れ医療施設、診療科などとの連絡・調整
  ・福岡県・市が設置する「福岡アジア医療サポートセンター」との連携
  ・海外患者コーディネート企業との連絡・調整
  ・通訳・翻訳業務(専任とボランティア含む)
  ・地域の国際拠点病院化、自治体各種委員会などへの参加
  ・外国人診療諸問題の対応
  ・海外からの遠隔医療相談の受け入れ、実施